Xspear Consulting, Inc.

Menu
Home About Solutions Team Career News
Close Home About Solutions Team Career News Contact ©2021 Xspear Consulting, Inc.
Interview

大手外資戦略ファームからベンチャーへ。強い当事者意識を持ち、事業成長に貢献していく

マネージャー

Keisuke Ogura

小倉 啓輔

大学院修了後、大手自動車会社に入社。車両技術開発部にて、自動車のデジタル開発に従事。その後、外資系戦略コンサルティングファームに入社し、官公庁向けに国家技術戦略、新規事業立案、製造業向けにデジタル開発プロセス策定などのプロジェクトに従事。

テクノロジーとより近い環境で、コンサルタントとして働く面白みを日々実感
ー前職外資戦略コンサルからご転職されたきっかけは何でしょうか?

入社前は戦略ファームでコンサルタントをしていましたが、よりテクノロジーに近い環境で働きたいと考えたことが転職のきっかけです。クロスピアのグループ会社であるシンプレクスは「モノづくり」のできる会社であり、AIやブロックチェーンといった先進技術にも強みを持っています。ハイレベルなエンジニアがその場にいるので、即座に相談をし、共同で案件を進めることが可能です。こうやってエンジニアとコラボレーションしながらコンサルティングできることに面白みを感じています。

ー同じ“コンサルタント”という立場では、どのような点が前職と異なりますか?

環境が大きく変わったと実感しています。制度や組織の枠組みを作り上げるため、中核メンバー及びコーポレート部門と日々議論しており、組織組成のダイナミックな動きを体感しています。また一方で、一般的なコンサルティングファームにおけるジュニア層の役割とは異なり、クロスピアでは若手でも案件の提案フェーズから深く関わることができる。ただ、この実力主義の世界で無名企業が実績を残すためには、より最適なソリューションを導き出せるかどうかにかかっています。そんなチャレンジングな環境で、無事にクロージングを迎え、クライアントの好評を得られた時は大きなやりがいを感じられると思っています。

ークロスピアの特長は何だとお考えですか??

人材の多様性かと思います。一つのチームに、外資系金融機関出身者からハイレベルなエンジニア、戦略コンサルティングファーム出身者まで所属し、戦略のプロと実務のプロがワンチームで課題解決に向かいます。チーム内のコミュニケーションを通して、デジタルとビジネスが歩み寄っていくので、真にDXを実現していく環境があると感じています。

ー仕事人として、大事にしているポリシーはありますか?

クロスピアのバリューの一つでもある“Ownership”です。我々コンサルタントは、例え未知の領域だとしても常にプロフェッショナルとして意識を持ち、クライアントと接することが大切です。チームで働く上で、一人ひとりの責任感が、課題解決を実現できるかどうかに繋がると思っています。私は組織の中では若手ですが、常に上司の代わりを任されたらという状況を想定しながら仕事に取り組んでいます。若手でも自走できる環境だから、自然とそのような意識が芽生えるのかもしれませんね。